ベルナデッタ fe。 まとめ:FE風花雪月で一番かわいいキャラはベルナデッタでOK?

ベルナデッタ=フォン=ヴァーリ (べるなでったふぉんゔぁーり)とは【ピクシブ百科事典】

Fe ベルナデッタ

✋ 第二部ではさすがに引き籠もっていられる状況ではなくなったので、「引き籠もっていられる」にするために戦いへ身を投じることとなる。 だ、誰!? あっ……先生じゃないですかああ! あれ!? 敵なんですか!? ってことは、殺し合うんですかああ!?• 体力を削るのが条件なので耐久やHPに乏しいベルナデッタには致命的。 213• 他キャラにも継承可能なABスキルが極めて有用かつ、本人の人気とスキルの組み合わせで完成された強さから初登場後も頻繁にピックアップされている。

人が仲良くなろうとせっかく話しかけてもそれを避け、会話が上手くいったとしてもベルナデッタが相手の発言に勝手に被害妄想を起こし勝手に傷ついていて走り去ってしまう。 222• に 名無しのエムブレマー より. 覚える魔法が妙に豊富な上に優秀だが、肝心の成長率は微妙なのでホーリーナイトにすると器用貧乏な感じになってしまう。

ユニット/ベルナデッタ

Fe ベルナデッタ

🤛 「蒼炎の軌跡」や「暁の女神」で活躍したスキル「連続」と同じ効果。 まずや、といった敵のHPが満タンで発動するタイプ バフ無効や全ステータスアップ、デバフ の武器効果を発動しないようにする。

19
笑う 考えを言う — たまに温室に引き籠もろうとか思うんです。

まとめ:FE風花雪月で一番かわいいキャラはベルナデッタでOK?

Fe ベルナデッタ

😉 ・蒼月 弓兵役として想定されているがあまり優秀ではないので、ベルナデッタが入る余地は充分にあります。 本来強力な戦技である「ハンターボレー」との相性は然程良くない。

12
第2部 紅花の章• 157• 好きなお茶• おすすめクラスチェンジ ヘタれすぎてハンターボレーbotの方が強かった. ・翠風 弓兵が多い金鹿であってもベルは活躍。

ベルナデッタ=フォン=ヴァーリ

Fe ベルナデッタ

☝ 黒鷲の学級• ただし支援会話を進めていくと、本人はコミュ障を改善し、友達を作りたいとは思っているものの、アウトドアにはならず、引きこもりについてはこのままでいいと思っている。 また、初期スキルの空白を適当に補うだけでも即戦力として扱えるので、初心者向きのキャラでもある。

11
後5年後に引きこもってなくて感動した -- 名無しさん 2019-08-29 20:17:48• ただ 自身のデバフを無効には出来ない。

FE風花雪月 攻略 ベルナデッタ おすすめ兵種&スキル

Fe ベルナデッタ

🤙 ハンターボレーは勇者の弓を使えばほぼ同じ動きが可能ですし。 自分はこの子でウザカワイイという概念を実感した。

12
低い火力はこれで補おう。 不動の姿勢で攻め立てを封じるほかに騎馬特攻やレイヴン系も弱点。

【FEH】クリスマスベルナデッタの評価とおすすめ個体値|スキル継承|ゲームエイト

Fe ベルナデッタ

😍 ただ、習得戦技や的にている分成長率は技とはがほかは高くないらしい。 ベルナデッタ:力・弓術• 253• 口を開けば「良い相手と結婚しろ」と言うばかりで、あのに縁談を持ち込んだそうだ。 赤の最終戦で勇者の弓でチク逃げして白きものを削り殺してもらいました。

なので難しい。 124ビュー• ハンターボレーによる破壊力をとるならスナイパー。

ベルナデッタ=フォン=ヴァーリ

Fe ベルナデッタ

🤟 所持スキルによって「遠距離反撃」「近距離反撃」が可能なキャラ。

2
他に居ない特殊な兵種や、珍しい効果を持つ専用スキルを持つキャラなど、代わりが効かないキャラが該当。 難易度はやや難しめ。

【FEH】ベルナデッタの評価とおすすめ個体値|スキル継承|ゲームエイト

Fe ベルナデッタ

🚒 162• 悪い子じゃないけどそりゃ友達できないだろって納得したり… -- 名無しさん 2020-08-10 15:03:32• 関連イラスト. 彼女の引き篭もりっぷりはどうも学内でも有名らしく、モブには「ベルナデッタ以上に引きこもる」ことを目標にしたやばい女子生徒がいたり、 王国ルートでは他の学級長であるディミトリが先生に「引き篭もってた」と茶化された際「ベルナデッタでもあるまいし」と彼女の名前を口にしたりするシーンもある。 ちなみに、母は帝都で文官として働いているキャリアウーマンとのこと。

15
個人スキル「被害妄想」・槍戦技「復讐」というHPが減っていれば効果を発揮するスキルを複数持てる点をフル活用し、敢えてHP残量を大きく減らしたままにすることで破格の火力を発揮させる運用方法がある。 206• 立ち回りを徹底できれば不要なスキルだが、弓の弱点が克服できるのであると無いとでは大違い。