シトラス リボン 作り方。 シトラスリボンプロジェクト「ただいま」「おかえり」から始まる町づくり

シトラスリボンプロジェクトを広めよう!|船橋市公式ホームページ

リボン 作り方 シトラス

😙 コロナ禍の中に居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。

色んな種類の紐と装飾など使ってみました。 緑の丸で囲っている真ん中の結び目と3つの輪の大きさを調整しながら、結び目を締めていきます。

シトラスリボンプロジェクトを広めよう!|船橋市公式ホームページ

リボン 作り方 シトラス

🖕 右側の紐の先端を、先ほど通した輪 白丸 に通します。 近隣市町でシトラスリボンに賛同する団体 浜松市をはじめ、シトラスリボンプロジェクトに賛同する団体・公的機関は増えつつあります。

10
お問い合わせ 連合長野 TEL:026-234-1626 購入については、BIGWAVE(TEL:026-283-7024)までお問い合わせください。

シトラスリボンの作り方!コロナ感染者への偏見を無くす運動とは?|ドドヨの腹ぺこ自由帳

リボン 作り方 シトラス

⌚ 浜松市のこまたすプロジェクトと協力し、シトラスリボンを広める活動をスタートしました。

お蔭様で、現在、様々な地域で、さまざまなかたちで協力を申し出てくださっている個人や企業・団体がございます。 バッジやマスクを作っているのもこの団体です。

みんなでシトラスリボンづくり🎀

リボン 作り方 シトラス

😀 たとえばエッセンシャルワーカーの方々に対する商品・サービスの無償あるいは割引提供など、お住まいの地域での「社会貢献」につきましてもご一考いただければ幸いです。 今回作ったシトラスリボンにはループエンドを使ってみました。 寄付・募金をしたい 重複・混乱を避けるため、なるべく事前に、問合せフォームよりご一報いただければ幸いです。

このデザインは地元のデザイナーの方にご厚意でつくっていただきました。 シトラスリボンプロジェクトを広めよう! 新型コロナウイルス感染症の拡大は、健康で快適な生活を脅かすだけでなく、医療従事者や感染者への差別や偏見を引き起こしています。

みんなでシトラスリボンづくり🎀

リボン 作り方 シトラス

🤔 なぜシトラスカラーなのか? それは、 愛媛県は柑橘植物や果物が盛んです。 シトラスリボンで示す意思表示の輪 シトラスリボンの3つの輪は、 地域・家庭・職場(学校)を示し、 「ただいま」「おかえり」と心から言いあえる空気になるよう、1人ひとりが意思表示できるマークです。 シトラスリボンプロジェクトの詳細については、をご覧ください。

7
また、ロゴ使用商品を通じた社会貢献について、御社、貴団体等のHPやSNSなど、ネット上で情報発信される場合は、「 シトラスリボンプロジェクト」とハッシュタグをつけていただいたり、「シトラスリボンfromエヒメ」とタグ付けをしていただいたりしたら、私たちも気づきやすくなります。

シトラスリボンの作り方!コロナ感染者への偏見を無くす運動とは?|ドドヨの腹ぺこ自由帳

リボン 作り方 シトラス

😗 それが、ひいては、偏見や差別を防ぎ、思いやりのある地域でありたいとの思いを共有することにつながります。

コロナウィルスに感染して回復された方や、懸命に治療をしている方、そしてその人たちを支えているご家族やご友人の方々。

シトラスリボンプロジェクトを広めよう!|船橋市公式ホームページ

リボン 作り方 シトラス

✍ ぜひ、この記事を読んで 共感したり賛同してくれた方は、シトラスリボンを作って身につけてみたり、 何らかのアクションをして広めていただけると嬉しいです。 なお、ひとつひとつ丁寧に手作りしていますので、納期にお時間をいただく可能性がございます。 リボン・紐に材質の指定はありません、あなたの自由に作ってみましょう。

15
ホームページは. 顧客の方々の健康面や財政面には十分にご配慮されますようにお願いします。

シトラスリボンプロジェクト「ただいま」「おかえり」から始まる町づくり

リボン 作り方 シトラス

👌 「」などのキーワードで検索すると結び方のコツを調べられます。 愛媛から遠く離れた地域でプロジェクトの理念が広がる様子を拝見できたら、メンバー一同、励みになります。

シトラスリボンプロジェクトとはこうした差別や偏見を無くし、誰もが笑顔で暮らせる社会を取り戻すために、シトラスカラーのリボンや専用ロゴを身につけたり、家庭の玄関や郵便受けに掲示して「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広める取り組みです。

シトラスリボンプロジェクトに参加しませんか

リボン 作り方 シトラス

💕 インターネットで検索しても、いろんなシトラスリボンの作り方が公開されています。 その一環でシトラスリボンプロジェクトにも賛同し、チャリティー活動を展開されています。

3
その会合にて 「ただいま、おかえりって言いあえる地域」というコンセプトを掲げようとなり、その象徴となるのが 「シトラスリボン」なのだそうです。 ご希望の方は人権ふれあいセンターまでお問合せください。