池袋 タカセ。 タカセ 池袋本店 (豊島区) の口コミ173件

池袋本店

タカセ 池袋

✌ ビルの2階には喫茶室、3階にはグリル、さらに9階に展望ラウンジまである。 また、常連さんも多いようで、取材時は80代ぐらいのご老人と親しげに話していました。

戦後暫くののちに「タカセ」と屋号を変えて現在に至るそうです。

池袋駅東口と洋菓子タカセビル

タカセ 池袋

😋 私って親孝行ですね! クッキーも「今って本当に令和なのか」と疑いたくなる様相です。 この「ハンバーガー」も、わざとでしょ! ってぐらい古典的です。

11
以上、回し者のようにタカセのいいところを挙げまくってきましたが、まだまだ言い足りないこともあります。

懐かし系パンの宝庫!創業1920年の老舗パン屋「タカセ 池袋本店」

タカセ 池袋

🙄 チョコと砂糖のタイプが1本ずつ入っていますが、クリームがたっぷり入っているので、これだけでも手に持ってみると、嬉しいずっしり感あります。 これも十分なインパクトです。 3階ではハンバーグやオムライスなど洋食が一通り食える。

6
価格は2450円です。 大正9年創業のタカセさん。

店舗案内

タカセ 池袋

🚒 変に流行を取り入れることなく、そのスタイルを守り続けて長年営業されてるお店は強いです。 これからはもうちょいピラフを意識した生活を心がけようと思いました。 全部食べたい。

12
スイーツ(笑) 洋菓子タカセは大正9(1920)年の創業以来90年以上池袋の地で店を構える老舗中の老舗だが、店の屋号は創業者である森茂吉氏の故郷、香川県三豊市高瀬町の地名から取られている。

レトロ感満載! 昭和ワンダーランド「タカセ洋菓子店」の秘密

タカセ 池袋

🤭 あの味です。

2
こちらはこのように、 2Fは喫茶室、3Fが洋食屋さんとなっているのですね。 他では見かけないパンなので、こちらは是非買ってみてくださいね。

【池袋喫茶】9階コーヒーラウンジ「タカセ池袋本店」絶好の見晴らしと昭和なホットケーキ

タカセ 池袋

😋 ・カニピラフ ・ナポリタン ・ジャンボハンバーグ この3品を頼んでシェアしようという、大胆な作戦で行くことにしました。 昔ガキの頃に親に連れてってもらった記憶のあるデパートの食堂を彷彿とさせる作りで、やはり客層や店員もみんな中年以上である。 住所:東京都豊島区東池袋1-1-4/電話:03-3971-0211 代表 /営業時間:1階8:00~22:00 2階9:00~22:00 LO21:30) 3階・9階11:00~22:00(LO21:00) 別館7:30~20:30(LO20:15)/定休日:無休• 今はもう『柔らかさ』とか『新鮮な和牛だからこその焼き具合』みたいなお店が多いのですが。

21:45) 日曜営業 定休日 年中無休 営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。 他のテナントが肩身狭そうです かくいう私も、東京に住んでいた頃は月2回ほど通うヘビーユーザーでした。

タカセ 池袋本店 (豊島区) の口コミ173件

タカセ 池袋

👋 「スィートタイム」に思わずにやっとしてしまいます。

ビスケットの上にアーモンドがぎっしりと詰まっていて高さはおよそ3cm。